“江上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えがみ33.3%
こうじょう33.3%
カウジヤウ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“江上”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 詩歌 韻文 詩文50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まもなくおきよがはいって来て「江上えがみさんから電話でございます。」
疲労 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
江上こうじょうに聞く一しゅう妖歌ようか「おまえ待ち待ちあしはな
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江上こうじょうでいちどめた酔いがぱっと出て、話はすぐはずみだした。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)