“水案内”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みずさき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親船とみえる一そうの船上では、さきに太宰府から赤間ヶ関まで、尊氏を迎えに渡っていた筑後ノ入道少弐妙恵しょうにみょうけい(貞経)の子の頼尚よりひさが、水案内みずさきを勤めて、みよしに立ち、
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——というのは、源九郎義経が平家を壇ノ浦に討ったさい、その水案内みずさきにはここの串崎船が先陣をつとめ、その功で以来「——日本国中、津々浦々、どこに寄っても、串崎船は公役を受くるに及ばず」という公役免除の墨付すみつきをうけており、いかなる軍官の命でも、おいそれとは応じない気質かたぎをもっていたのだった。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)