“気憶”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きおく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“気憶”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
源次郎は一刀の鍔前つばまえに手を掛けてはいるものゝ、気憶きおくれがいたし刃向う事は出来ませんですくんで仕舞いました。