気任きまか)” の例文
「そうかい……」と、お米はまた、それを気任せに歩かせながら、「じゃお前は、どこまでも私を疑っているね」
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)