“殺戮者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さつりくしゃ66.7%
さつりくしや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“殺戮者”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それにもかかわらず、お弓は自分の同性が無残にも殺されて、その身に付けた下衣したぎまでが、殺戮者さつりくしゃに対する貢物として、自分の目の前にさらされているのを見ながら、なおその飽き足らない欲心は
恩讐の彼方に (新字新仮名) / 菊池寛(著)
それから、アルノー・ド・ブレスをうちひしぎ、ユダヤ人殺戮者さつりくしゃのラウール修道士をうち破り、一一四八年にはランスの会議を統べ、ポアティエの司教ジルベール・ド・ラ・ポレーを罪し、エオン・ド・レトアールを罪し、諸侯の軋轢あつれきをやめさせ、ルイ・ル・ジューヌ王の目を開かせ、法王ウーゼニウス三世に助言し、タンプル騎士団を整え、十字軍を説き回り、生涯しょうがいに二百五十の奇蹟を行ない、一日に三十九の奇蹟を行なったこともあります。
平次はこの意味のない殺戮者さつりくしやを、心から憎む一人だつたのです。