“歴然:まざまざ” の例文
“歴然:まざまざ”を含む作品の著者(上位)作品数
平出修1
“歴然:まざまざ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
黒服の怪物は中腰になつてその函をどうかしてゐるのであるが、幻はやがて彼の黒服を通して、且つは彼の肉体を通して、彼の手と函との関係を歴然まざまざと透視させた。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)