“止れ”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
アレテ50.0%
アレデ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“止れ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
止れアレテ!」と、縮みあがるような凄味すごみのある声でどなりつけた。たちまちセエヴル焼の人形のようにこわばってしまった二人の前へ駆け寄って来た兵士、今度は何を立腹したのか、いきなり、
フランスの馬は皆、馬教練所の卒業生ですって、進めアレ止れアレデ、右、左、散歩プロムナード………。
母と娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)