“槍旗”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そうき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“槍旗”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「来たか」と、云った。そして轅門えんもんから営内にわたるまで、兵列を整えさせ、槍旗そうき凛々りんりんたる所へ、董荼奴以下を呼び入れた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)