“業々:わざわざ” の例文
“業々:わざわざ”を含む作品の著者(上位)作品数
国枝史郎1
松永延造1
“業々:わざわざ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
紫の室と云うのはヒステリー患者を治すために院長が業々わざわざ造ったものであって、その中央に小さな噴水の出来ている静かな落ち着のある室であった。
職工と微笑 (新字新仮名) / 松永延造(著)
従者 以前まえの奥様の記念として、お殿様が業々わざわざお立てなされた音楽堂でござります。
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)