“柿板”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こけら50.0%
こけらいた50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ななかまどと接骨木の木だけの、の低い小さな庭があって、その叢みの奥に、柿板葺きの木造の小舎がかくれており、擦ガラス入りの小さな窓が一つ見えていた。
誠に至極尤もな理屈をつけて、自分で柿板や屋根板を引っぺがしてしまったものらしい。