“柔草:にこぐさ” の例文
“柔草:にこぐさ”を含む作品の著者(上位)作品数
斎藤茂吉1
“柔草:にこぐさ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
家持の歌は、斯く美しく、覚官的でもあるが、彼の歌には、なお、「なでしこが花見る毎に処女らがゑまひのにほひ思ほゆるかも」(巻十八・四一一四)、「秋風になびく川びの柔草にこぐさのにこよかにしも思ほゆるかも」(巻二十・四三〇九)の如き歌をも作っている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)