“板金”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はんきん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“板金”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いかさま、三千両の数さえ不足がなければ、板金はんきんであろうと重金じゅうきんであろうと、そこは我々が上役へよしなに取計らう」
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)