“杏隠”の読み方と例文
読み方割合
きやういん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今奈良にゐる石崎杏隠といふ爺さんで、鉄斎翁はこれまで一度も逢つた事はなかつたが、名前だけは予々聞いて知つてゐたので、今その名を想ひ出すと、息子を救つてくれるのは