“暗冥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんめい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“暗冥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
暗冥あんめいなる「死」の淵に、あひ及び相襲あひつぎて沈淪するもの、果して之れ人間の運命なるか。
富嶽の詩神を思ふ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)