“早百合姫”の読み方と例文
読み方割合
さゆりひめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
教春の一人娘早百合姫は三年前、京都の戦禍がややまっていたとき、京都滞陣の父のに呼び寄せられ、まだ十四の少女であったが、以来日々、茶の湯、学問、
鯉魚 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)