“日蔭躑躅”の読み方と例文
読み方割合
ひかげつつじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岩崖に咲く日蔭躑躅の上品な黄花がほのかに明るい色を浮べ、小岩桜の紅花が時に眼を楽しませる外に、盛り上るように花をつけた石楠や躑躅の大群落が思わず足をとめて眼を見張らせるであろう。
秩父の渓谷美 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)