“日苔”の読み方と例文
読み方割合
ひごけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近頃出来の頭の小さい軽薄な地蔵に比すれば、頭が余程大きく、曲眉豊頬ゆったりとした柔和相好、少しも近代生活の齷齪したさまがなく、大分ふるいものと見えて日苔が真白について居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)