“撞鳴”の読み方と例文
読み方割合
つきな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのかわりに鐘を鋳て、に掛けて、昼夜に三度ずつ撞鳴らして、我を驚かし、その約束を思出させよ。……我が性は自由を想う。自在を欲する。気ままを望む。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)