“撒砂”の読み方と例文
読み方割合
まきすな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄霧北の山の根に消えやらず、柿の実撒砂にかちりと音して宿夢拭うがごとくにさめたり。しばらくの別れを握手に告ぐる妻がに風ゆらぎて蚊帳の裾ゆら/\と秋も早や立つめり。
東上記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)