“撒乱”の読み方と例文
読み方割合
さんらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
辺りが森閑と暗い研究室の中で復一は自分のテーブルの上にだけ電燈をけて次から次へと金魚を縦に割き、輪切にし、切り刻んで取り出した臓器を一面に撒乱させ、じっと拡大鏡で覗いたり
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)