“撃鼓”の読み方と例文
読み方割合
げきこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孔明ののある定軍山に雲がおりると今でもきっと撃鼓の声がする。漢中の八陣の遺蹟には、雨がふると、の声が起る。「干宝晋記
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)