“撃放”の読み方と例文
読み方割合
うちはな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三ツの声も聞かぬ内に警官は一斉に撃放すや否や、オールに獅噛み付いて、敵艇を突くまでに力漕した。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
『チェッ、失敗ったッ。きゃつらをえろ! 同、同類だッ。撃放しても構わんッ、早く!』
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)