“摩登伽女”の読み方と例文
読み方割合
まとうぎゃにょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女人に愛楽を生じたためしは、古今の聖者にもではない。大幻術の摩登伽女には、阿難尊者さえ迷わせられた。竜樹菩薩も在俗の時には、王宮の美人をむために、隠形の術を修せられたそうじゃ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)