“摩登小姐”の読み方と例文
読み方割合
モダン・ガール100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
切りこみの深い旗袍をはいた摩登小姐が俺の眼をひいた。太股まで見えそうで、つい眼がその辺へ行く。冬だのに、普通の娘のように外套を着ていない。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)