“摩伽陀国”の読み方と例文
読み方割合
まかだこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
哲学の盛んだつた摩伽陀国の王子はクリストよりも奇蹟を行はなかつた。それはクリストの罪よりもろユダヤの罪である。彼はロオマの詩人たちにもらない第一流のジヤアナリストだつた。
続西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)