“摂籙”の読み方と例文
読み方割合
せふらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤原のお流れは、公家摂籙の家柄、中臣の筋は、神事にお仕へする、かう言ふ風にはつきりと分ちがついてまゐりました。ぢやが、今は今昔は昔で御座ります。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)