“携帯電灯”の読み方と例文
読み方割合
けいたいでんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから枕許から携帯電灯と水兵ナイフをとって、ナイフは、そのを首にかけた。そして足ばやにこの部屋をでていった。
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)