“携帯用”の読み方と例文
読み方割合
けいたいよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可哀そうに自分も撃たれて生命を失った。死ぬ前に、彼は携帯用無電機でその場のことをくわしくわしのところへ報告してきた。報告が終ると彼は死んだのだ。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)