“携帯品”の読み方と例文
読み方割合
もちもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入場者は一一誰何され、携帯品の取調をも受けた。一挺の鉛筆削でも容赦なく留置された。法廷内は殊に厳重であつた。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)