“搏音”の読み方と例文
読み方割合
うちおと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唯見る、二本の木剣がつんざく稲妻をほとばしらせて七、八合の搏音がしたなと思った時は、もう自斎の屹然と立っているのに反して重蔵は仰向けに倒れていた……それ程にかった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)