“搏飯”の読み方と例文
読み方割合
むすび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古来、温泉山に登るときは、必ず搏飯と梅干しとを携うべし。梅干しは霧を払うの妙薬にして、搏飯は「だらし」を予防するがためなりとの言い習わしあり。
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)