“揚攉”の読み方と例文
読み方割合
ようかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに学殖の富衍なる、老師宿儒もいまだ及ぶに易からざるところのものあり。まことに畏敬すべきなり。およそ人の文辞に序する者、心誠これをめ、また必ず揚攉をなすべきあり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)