“揚手”の読み方と例文
読み方割合
あげて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高重と印度人の弾丸が、彼をこんなに混乱させてしまう原因になろうとは、——甲谷は自分の船の材木が港に浮いたまま誰も揚手のないのを思うと、いまさら兄め、兄め、と思うのであった。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)