“提籠”の読み方と例文
読み方割合
さげかご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この男バナナと隠元豆を入れたる提籠を携えたるがしるしの水雷亭とは珍しきと見ておればやがてベンチの隅に倒れてねてしまいける。富米野と云う男熊本にて見知りたるも来れり。
東上記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)