“掴潰”の読み方と例文
読み方割合
つかみつぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬博士は帽子を掴潰して狂人のように振回す。樺は奮進の勢に乗って、じく土塵を蹴立てました。それと覚った源が満身の怒気は、一時に頭へ衝きかかる。如何せん、樺は驀地
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)