“掩冠”の読み方と例文
読み方割合
おいかぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と山三郎は無理に馬作の手を引いてだん/\くと、山手へ出ましたが、道もなく、松柏生繁り、掩冠さったる熊笹を蹈分けて参りますと