“採柿”の読み方と例文
読み方割合
さいし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途中泊まったのは蔦屋という狩野家の従来の定宿であったが、余儀ない亭主の依頼によってほんの席画の心持ちで融川は布へ筆をった。童子採柿の図柄である。雄渾の筆法閑素の構図。
北斎と幽霊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)