“掛桟”の読み方と例文
読み方割合
かけさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顎十郎は花世の足音が錠口の向うへ消えるのを聞きすますと、庭へ下りて裏木戸の方へ行き、掛桟を外してまた座敷へ戻って来た。
顎十郎捕物帳:02 稲荷の使 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)