“掛川宿”の読み方と例文
読み方割合
かけがわじゅく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わしが大馬鹿だった。誰を恨みようもない。おのがったで、れ死ぬようなものなのだ。お高どの、掛川宿の具足屋という宿屋のことを話したことがあったかな?」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)