“掛川之宿”の読み方と例文
読み方割合
かけがわのしゅく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この写楽はいいでしょう——が、このへんになるとどうも——それから広重——と、氏は読みにくい昔の日本文字を自由に読みこなして——東海道五十三次掛川之宿
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)