“掛員”の読み方と例文
読み方割合
かゝりいん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「毎度どうも有雉う御座います。」造船所の掛員は油で固めた頭を弾機細工のやうに器用に下げた。