“捻居々々”の読み方と例文
読み方割合
ねぢすゑ/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見るとしく挨拶もせざる中に長八に獅齒付胸元捻居々々な市之丞殿の恩知らず御前の置て行たる金ゆゑ夫文右衞門は盜賊のりて召捕れ入牢となりし無實の災難夫にぞや去暮中御奉行所へ紙屑買を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)