“捷陘”の読み方と例文
読み方割合
しょうけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旗桜の名所のある山越の捷陘は、今は茅萱に埋もれて、人の往来は殆どない、伊東通い新道の、あの海岸を辿って皈った、その時も夜更であった。
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)