“捲出”の読み方と例文
読み方割合
まきだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旱魃の氷屋か貧乏人が無尽でも取ったというようににやり/\と笑いながら、懐中から捲出したは、鼠色だか皮色だか訳の分らん胴巻様三尺の中から