“振舞膳”の読み方と例文
読み方割合
ふるまいぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤屋伊左衛門諸国で見た奇俗を述べる内に「振舞膳我女房を客人と云々」これらは新婦と限らぬようだが、余ら幼き頃まで紀州の一向宗の有難屋連、厚く財を献じてお抱寝と称し