“挑闘”の読み方と例文
読み方割合
いどみたたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄金丸は饑渇に疲れて、勇気日頃に劣れども、また尋常の犬にあらぬに、彼方もなかなかこれに劣らず、互ひに挑闘ふさま、彼の花和尚赤松林に、九紋竜と争ひけるも、かくやと思ふりなり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)