“指田流”の読み方と例文
読み方割合
さしだりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小「ハヽアあれは一節切という笛の名でな、は少しばかり指田流の笛を吹くから、ひょッとしてまた心有る人が習いに来ようかと思って看板を出して置くのサ」