“吉田白流”の読み方と例文
読み方割合
よしだはくりう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たとへば吉田白流氏の「奥州路」の如き、遠藤教三氏の「嫩葉の森」の如き、乃至穴山義平氏の「盛夏」の如きは、皆このの作品である。
西洋画のやうな日本画 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)