“指洗椀”の読み方と例文
読み方割合
フィンガーボール100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敬太郎はこの時指洗椀の水に自分の顔の映るほど下を向いて、両手で自分の米噛を隠すようにえながら、くすくすと笑った。ところへ給仕が釣銭を盆に乗せて持って来た。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)