“扱下”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こきおろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“扱下”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「本統に悪いんだよ、」と紅葉はニッと笑いながら、血のせたぎ落したようなほおてのひら扱下こきおろしつつ、「寿命はきまったんだが、元気はマダこの通りだ。」